読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要チェックや!!

20万PV達成!ご連絡・ご依頼はTwitterメッセージか、ブログコメントでお願いします。

モヤさま狩野の後任がなかなか決まらなかった理由。涙の卒業コメント&枡に書かれたメッセージとは。

👍人気記事セレクション

スポンサーリンク

f:id:namaketiger:20160713054731j:plain

数カ月前に卒業を発表し、引っ張りに引っ張った狩野アナが、ついに本日で卒業!という話でしたが、なんと最後の最後に本日で卒業しないということになりました。

 

卒業詐欺(笑)

 

本日のモヤさまで起きたことを書いておきます。

 

3年半さまぁ~ずとロケをしてきた狩野アナの後任者はいったい、誰になるのか!?

www.yocheckya.net

 

  

3年間つき続けたウソ

 

今回は井の頭公園周辺!ブラブラをスタートして間もなく、かき氷を食べる狩野アナ。

 

そこで衝撃のウソを告白されました。

 

狩野「かき氷を食べてお伝えしたいことが・・・」

 

「前々からお伝えしていたように、かき氷を食べてもキーンってならないって言ってたじゃないですか」

 

「ウソでして・・・」

 

カキ氷に強いキャラはウソだった。

f:id:namaketiger:20160620153457j:plain 

2013年6月30日の国分寺・国立ロケにて

初めて狩野アナがカキ氷を食べるシーンがあった。

 

店主から「頭痛くなりますよ」と言われた際に

「私は別に・・・ならないです」と言い切り、

カキ氷に強いキャラを発表。

 

その後も、キャラを押し通してきたが、実際は

 

狩野「ずっと頭が痛くて、ぐーってなってたんですけど、なんか言った手前・・・」

 

大竹「じゃあウソついてたんだ」

 

狩野「はい、痛かったです」

 

大竹「こわいこわいこわい!」

 

その後、狩野アナは一口食べただけで、頭にキューンことが番組で暴かれました。

 

番組が始まった当初の超グイグイだった頃の狩野アナだからこそ、ついやってしまったという感じですね。

 

冷たいものを食べて頭がキーンとなる理由

 

実は天然氷でできたカキ氷では圧倒的にキーンとならないんですよね。

 

一般的にカキ氷は-7℃程度と言われていますが、天然氷でつくられたかき氷は-1~2℃ほど。

 

天然氷だからという理由ではなく、食べ物の温度が関係しているということですね。

 

あとは体質的に、本当に頭がキーンとしない人もいるようですよ。狩野アナはウソだったけど。

 

感動のラスト

 

3年半の感謝の気持ちをピアノの音色にのせる

赤いスイートピーをピアノで弾きながら歌う狩野アナ。

ほとんど歌詞を把握していなくてトゥトゥ~でごまかす狩野アナ。

 

狩野アナ涙の卒業コメント

 

「あっと言う間に3年半が経ちました。本当に・・・」

 

(お茶を飲む)

 

「毎週色んなロケに行かせていただいて、3年半ご覧いただきましてありがとうございました。」

 

「いろんな場所に行くたびにこれからきっと様々な場所に・・・」

 

泣きながら声を震わせコメントする狩野アナと笑うさまぁ~ず。

 

そこへ、空気を読まないいつものADが乱入し、注文していた枡が届く。

 

枡には何が書かれていた?

 

さまぁ~ずの気持ちが書かれた書かれた枡を読む

 

そこには

「3年半お疲れ様でした。3年半かかったけど、私たちは狩野を好きになりました。さまぁ~ず」

 

狩野アナ号泣

「ありがとうございます!」

 

三村「もう一個あんだよ」

 

狩野「えっ?」

「実は今日で終わりじゃないんです。ハワイまで一緒に行くよ」

 

急遽ハワイロケに一緒に行くことにしたとのこと。

 

後任アナが決まらない理由

 

モヤさまは、アシスタントに選ばれると人気が急上昇することからテレ東アナウンサーにとって、登竜門となっているそうです。

 

一方で、さまぁ~ずの気難しさから後任選びが難航しているとの情報もあります。

 

可愛くて、いじりやすいキャラを選んでしまうと、二人の口撃と、三村さんのセクハラの餌食になる。

 

一方、自己主張しすぎる気の強いキャラであると、二人とうまく噛み合わないということが起きるため、後任選びが難航するのも無理はないですね。

 

次回が本当の本当に最後のロケになるとのこと。

 

大江アナからのビデオメッセージも届いているシーンが流れていたので、来週も楽しみですね。

 

モヤさまファンとして、さまぁ~ずの二人とバッチリ噛み合い、番組がさらに盛り上がる後任の決定に期待が高鳴ります!