読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要チェックや!!

20万PV達成!ご連絡・ご依頼はTwitterメッセージか、ブログコメントでお願いします。

日本の年間食品ロスは●●●万トン!家庭での食品ロス削減と対策法

つぶやき

👍人気記事セレクション

スポンサーリンク

食品ロスとは、本来食べられるにもかかわらず捨てられてしまっている食品のこと。

 

近年、食品ロスを減らす動きが広がっている。

食品ロス削減と対策

   

もともとは、価値がなく廃棄されたり、家畜の飼料に使っていた部位を用いてランチメニューで提供している店がある。

 

【もったいナイ魚】として販売

 

たとえば、

 

ウナギのしっぽの部分や傷がついた部分は今まで捨てていた。

 

キレイな切り身としてではなく、飲食店でバイキング形式にしたりして使うことにしているとのこと。

 

この、【もったいナイ魚】は約110種類にもなり、

 

2014年からは野菜や果物でも傷モノや形が悪いものを3~5割引きで販売し、売り上げをドンドン伸ばしているそうだ。 

 

www.yocheckya.net

 

日本の食品ロスは年間●●●万トン!!

 

日本全体で、実に年間632万トンにもなり、なんと米の年間生産量に匹敵するという驚愕の事実。

 

廃棄の半分は家庭で発生しているというから驚きだ。

 

家庭以外での 廃棄

f:id:namaketiger:20170128202009j:plain

 

販売されている食品は、メーカーが製造してから消費期限までの1/3の期限を過ぎると小売店での販売が出来なくなってしまうルールがある。

 

例)消費期限6ヶ月のものだと、2ヶ月過ぎたら販売できなくなる。

 

だから、食品ロスが多い。こういう悪い循環が出来上がっている。

 

もったいナイ魚などの取り組みにより、販売者は儲かり、消費者は安く手に入れられ、食品ロスを減らせるという誰もが損しない素晴らしいシステムができてきている。

 

見た目が悪いからという理由で廃棄されてしまうのは、本当にもったいないことだ。

  

ネットショップのロハコなどでは、消費期限が近い食品を安く買うことができる。

 

アウトレット価格として、少しでも安くなっているとお得感があり、一石二鳥だ。

 

ロハコではTポイントが使えるうえ、1900円以上で送料無料になる。

 

食品ロスを少しでも減らせるようにしていきたいものですね。

www.yocheckya.net 

www.yocheckya.net