要チェックや!!

あなただけにそっと教える要チェックな書評ブログ(主にビジネス・自己啓発・心理系)

狩野アナ報道番組での野望・意気込みと大江アナの応援コメント ゆうがたサテライト

👍人気記事セレクション

スポンサーリンク

週刊女性

 

モヤさまをアシスタントを卒業し、報道番組「ゆうがたサテライト」のメインキャスターに選ばれた狩野アナ。新報道番組の野望と今後についてコメントしてくれました。

 

実に狩野アナらしいですね。

 

狩野恵理(かのうえり)プロフィール

生年月日:1986年10月29日

出身:東京都

経歴

国際基督教大学教養学部卒業

テレビ東京に入社

 

担当番組

「ネオスポ」

「SUPER GT+」

競輪中継

「ワールドビジネスサテライト」トレたま

モヤモヤさまぁ~ず2

 

モヤモヤさまぁ~ず2で大ブレイク

f:id:namaketiger:20161104111207j:plain

 

モヤモヤさまぁ~ず2に出演し知名度・人気に火が着いた狩野アナ。

 

芸人と日本・海外をふらふら散歩する番組であるが、前任の大江アナに比べかなり身体を張ったロケをこなしていた。

 

さまぁ~ずとの不仲や相性が合わないという壁をも乗り越え、身体を張って頑張る彼女のファンは多く、好きな女性アナウンサーの上位にランクインするまでに成長した。

 

この度、理由は不明であるものの同番組のアシスタントを卒業することになり、なんと初の報道番組のメインキャスターに抜擢された。 

 

※ゆうがたサテライト「月~金の16:54~放送」

f:id:namaketiger:20161112054916j:plain

出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/you/

www.yocheckya.net

www.yocheckya.net  

 

大江麻理子アナ 応援コメント 

f:id:namaketiger:20160914090716j:plain

モヤさまからの報道番組キャスター転身と言えば、前任の大江麻理子アナウンサー(ワールドビジネスサテライト担当)

 

【大江さんには、ことあるごとに困ったら相談していて、’どうしましょう’と連絡しました。そうしたら、モヤさまの時と同様に、’そのままで大丈夫だよ’と。】

 

【会社が狩野ちゃんを選んだということは、今までとは違うことを望んでいるはずだし、全力でやりつつ、分からない者は分からないと素直に。番組を一緒に作っていくという気持ちがあれば、きっと大丈夫だよ。と言ってもらったのですが、今は怖いです。】

 

報道番組のメインキャスター抜擢について本人・さまぁ~ずコメント

 

【最初に聞いた時は『えっ?私でいいんでしょうか?』と驚きました。ワタシだけでなく、モヤさまのスタッフ、さまぁ~ずさんも『マジ?嘘だろ、テレ東大丈夫か?』と心配されて(笑)】

 

【無理もないと思います。3年半あらゆることに挑戦させてもらいましたが、報道キャスターとはかけ離れていたことばかりでしたから。】

 

【3年半のモヤさまでの私を見ていて、報道キャスターに指名してくださったテレビ東京は懐が深いな、と思いました。何か今までとは違うことにチャレンジしたいと会社も思ったのかなと、前向きにとられて常識を覆すような報道番組が作れたらいいなという野望はあります。】

 

実は、多極の同時間帯ニュース番組のメインキャスターは男性が担当しており、紅一点での参入となる。

 

【これまでに企業取材、モータースポーツ、競輪、野球、サッカー、モヤさまでは国内外のいろんな場所に行かせてもらって、いろんな経験をさせてもらいました。】

 

【メインキャスターと聞くだけで両肩にいろんなものを背負っている感じですが、なんでもできる器用なキャスターにはなれないし、周りも求めていないと思います。知識はすぐに増えなくても、経験は日々続けていけば、蓄積されていくと思うので、週5日、現場取材に行くつもりでスタッフと一緒に汗をかいたり、べそをかいたりして、みんなと同じ方向を向いて番組作りをしていけたらと思っています。】

 

【女性だからというのではなく、私は勉強させていただくという立場です。同じ土俵に上がらせてもらって恐縮ですが、上がったからには全力でいきたいと思います。

www.yocheckya.net

 

感想

 

モヤさまというバラエティからの報道番組という流れは一見、ミスマッチに思える。

 

ところが、大江アナが見事に転身に成功しているところをみると、狩野アナも同じレールに乗っていけるかもしれない。

 

モヤさまでは、いつも全力、そして本気で勝ちにいく負けず嫌いな姿勢が印象的だった狩野アナ。

 

控えめでありながらも、攻めの姿勢は忘れない狩野アナに期待大ですね。